• 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、イーグルス「ホテル・カリフォルニア」です。

■40周年記念盤

米ロック・バンド、イーグルスの代表作「ホテル・カリフォルニア」。
70年代を代表する最高傑作にして、不朽の名盤であるこのアルバムがリリースされたのは、1976年12月8日でした。

2017年に、そのリリースから丸々40年経ったことを記念して、リマスターされたアルバムと未発表ライブを加えた40周年記念盤がリリースされました。

今回は、「ホテル・カリフォルニア 40周年記念盤」を紹介します。


ホテル・カリフォルニア40周年記念盤/イーグルス

■イーグルス

イーグルスは、米西海岸出身のロック・バンド。
1971年に、リンダ・ロンシュタットのバックバンドとして集まったグレン・フライ、ドン・ヘンリーらでバンド「イーグルス」が結成されました。

デビュー曲「テイク・イット・イージー」でブレイクすると、1stアルバム「イーグルス」、2ndアルバム「ならず者」と、カントリー要素の強いロックで人気を広げていきます。


ならず者(原題:Desperado)/イーグルス

大ヒットとなったのは、ロックの色彩を大きく強めた4thアルバム「呪われた夜」。
タイトル曲をはじめ、「いつわりの瞳」や「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」などのヒット曲を生み出しました。


呪われた夜(原題:One of These Nights)/イーグルス

そんなノリにノッていた時期に世に生み出されたのが、彼らの代表作となる「ホテル・カリフォルニア」です。先述のとおり、リリースは1976年でした。
タイトル曲「ホテル・カリフォルニア」や「ニュー・キッド・イン・ザ・タウン」など、深みのある歌詞と分厚い音づくりを駆使して、バンドの最高傑作をつくり上げました。
アルバムは、全世界的な大ヒットを記録。バンドもロック界のレジェンドに押し上げられました。


ホテル・カリフォルニア/イーグルス

その後、人気絶頂期のバンドにありがちなメンバー間の軋轢や音楽性の相違が顕在化して、1980年に活動停止。1982年にバンドの解散が発表されました。

後に再結成されるものの、2016年に創設メンバーのグレン・フライが死去。これを受けて、ドン・ヘンリーは再び、イーグルス解散を表明しました。

■個人的なおススメ

それでは、超名盤「ホテル・カリフォルニア」から、恒例の個人的なおススメを紹介しましょう。

まずは何をおいても1曲め「ホテル・カリフォルニア」。
カリフォルニアの砂漠に佇むホテルを訪れた男が経験する不思議なストーリー。
ドン・ヘンリーのハスキーな歌声が聴くものを誘います…。

Welcome to the Hotel California…
You can check out anytime you like… but you can never leave
ホテル・カリフォルニアへようこそ…
チェックアウトはいつでもできます。ただ、貴方は決して立ち去ることはできません。
(ふゆき訳)

メロディーも、その歌詞に負けず劣らず印象的です。
イントロのギター、さらに後半のツインギターは、哀愁たっぷりに曲を盛り上げます。洋楽史に残るギターソロは必聴です!


ホテル・カリフォルニア(Live MV)

続いて2曲め「ニュー・キッド・イン・ザ・タウン」。
こちらはグレン・フライの曲。アルバムからの1stシングル曲です。
グレンとドンのハーモニーが見事です。グレンの澄んだ歌声に癒されます。

そしてアルバムのラストを飾るナンバー、9曲め「ザ・ラスト・リゾート」。
「ホテル・カリフォルニア」と対をなすような、穏やかなメロディ。
同じくドン・ヘンリーのかすれた声がやさしく旋律を辿ります。ピアノの音もやさしい…。
壮大なアルバムの幕を閉じるのにふさわしい、隠れた名曲。ファン以外には知られていない曲ですが、ドン自身もベストワークの一つに挙げています。

今回はオリジナル・アルバムの収録曲からおススメ曲を紹介しましたが、ボーナス・ディスクのライブ盤には、その他にも「ホテル・カリフォルニア」や「テイク・イット・イージー」、「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」などの名曲も収録されてます。
「テイク・イット・イージー」の、カントリー風味あふれた演奏と、グレンとドンのハーモニーは涙ものです。


テイク・イット・イージー(Live MV)

願わくは、フル・ライブ盤のリリースも期待したいところです。

■アルバム・ジャケット

以上、イーグルスの名盤「ホテル・カリフォルニア」を紹介しました。
いま聴いても色褪せない傑作。不朽の名作と言ってよいでしょう。

なお、印象的なアルバム・ジャケットですが、実在のホテルです。
それが米ビバリーヒルズにある高級ホテル「ビバリーヒルズ・ホテル」。アルバムに用いられて以降、観光スポットになっているようです。
いつか行けたらいいな。…泊まるのは難しいだろうけど。

ありがとう、イーグルス! ありがとう、ホテル・カリフォルニア!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事