こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、Back to the 80s!ブライアン・アダムス「Summer of '69」(邦題:思い出のサマー)です。

■Back to the 80s!

Back to the 80s!
80年代のなつかしい洋楽を振り返る企画です。

前回、この人の新譜を紹介して、思いっきり80年代を思い出してしまいました。
それが、青春のハスキー・ヴォイス、ブライアン・アダムスです。


シャイン・ア・ライト

ブライアン・アダムス。
80年代に大ブレイクしたカナダ出身のミュージシャンです。

大ブレイクのきっかけとなったのが、1984年にリリースした4thアルバム「レックレス」でした。
このアルバム、「ラン・トゥ・ユー」や「サムバディ」、「ヘヴン」などのヒット曲も収録。いま聴いてもシビれます。


レックレス

今日紹介するのは、このアルバムから前述の3曲に続いて、4番目にシングルカットされた曲。
「Summer of '69」(邦題:思い出のサマー)です。

このアルバムの曲ぜんぶ好きなんだけど、個人的にはこの曲が一番好き。永遠の青春ソング
Back to the 80s!今日は、ブライアン・アダムスの「Summer of '69」(邦題:想い出のサマー)を取り上げます。

■Summer of '69 歌詞

この曲の魅力は何と言っても、ブライアンのハスキー・ヴォイスと歌詞。
特に歌詞は、映像が思い浮かぶよう。ときに甘く、ときに切なく…。青春の夏が、そこにあります。

I got my first real six-string
Bought it at the five-and-dime
Played it till my fingers bled
It was summer of '69

本物の6弦ギターを手にした 安物の雑貨店で買ったんだ
指に血がにじむまで弾きまくった 69年の夏

Me and some guys from school
Had a band and we tried real hard
Jimmy quit, Joey got married
I should've known we'd never get far

学校の仲間とバンドを組んで ムチャクチャ練習したよ
ジミーはバンドを辞めて ジョーイは結婚した
成功するはずないって早く気付けばよかったんだ

Oh when I look back now
That summer seemed to last forever
And if I had the choice
Yeah, I'd always wanna be there
Those were the best days of my life

いま思い返すと あの夏が永遠に続く気がしてた
叶うなら あのときのままでずっといたいよ
あのときが俺にとって最高の日々だったんだ

Ain't no use in complainin'
When you got a job to do
Spent my evenings down at the drive-in
And that's when I met you

働き始めてからは 文句ばかり言ってられない
ドライブインで夜を明かす そんなときお前と出会ったんだ

Standin' on your mama's porch
You told me that you'd wait forever
Oh, and when you held my hand
I knew that it was now or never
Those were the best days of my life

お前の家の前で 「いつまでも待ってる」
俺の手をとって お前はそう言ってくれたね
そのとき俺は、今しかないって思ったんだ
あれが俺にとって最高の瞬間だった

Back in the summer of '69

あの69年の夏に戻りたい

Man we were killin' time
We were young and restless
We needed to unwind
I guess nothin' can last forever, forever, no

俺たちはただ時を費やした 若くてせっかちだった
自由になりたかったんだ 永遠に続くものなんてないんだけどね

And now the times are changin'
Look at everything that's come and gone
Sometimes when I play that old six-string
Think about you wonder what went wrong

時は過ぎて これまでのことを振り返る
時おり あの古い6弦ギターを弾くと お前を思い出すんだ
いったい何がいけなかったんだろうな…
※ふゆき訳

■Summer of '69 ミュージックビデオ

それでは、永遠の青春ソング「Summer of '69」(邦題:想い出のサマー)を聴きましょう。
Back to the 80s!ブライアン・アダムス、「Summer of '69」!

いかがですか?疾走感ありますよね。若さがほとばしってる感じ
ブライアンは今でもこの曲をライブで演奏しています。
還暦ブライアンの「Summer of '69」、ぜひ聴いてみたいですね。

ありがとう、ブライアン・アダムス! ありがとう、Summer of '69!

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事