• 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
マスター・オブ・パワーポップ・イズ・バック!青春ギター再び!マシュー・スウィート”Tomorrow Forever

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、パワーポップの雄、マシュー・スウィートの新譜「Tomorrow Forever」です。


Tomorrow Forever/マシュー・スウィート

■名作「ガールフレンド」

マシュー・スウィート。
アメリカのシンガー・ソングライター。パワーポップ界の雄です。

個人的に大好きなアーティストの一人。
彼との出会いは、1991年リリースのアルバム「ガールフレンド」でした。


ガールフレンド/マシュー・スウィート

このアルバムの前に2枚のアルバムを出しています。
デビューアルバムは1986年に発表した「Inside」。1989年の2ndアルバム「アース」とともに、商業的な成功には恵まれませんでした。

3rdアルバムとなる「ガールフレンド」でようやく注目を浴びます。
ビルボード100位にチャートインしますが、そのチャートアクション以上に脚光を集めたのは、その楽曲の瑞々しさです。
私は勝手に「青春パワーポップ」と名づけているんですが、甘いメロディとほとばしるギターの音。そこに粘っこくもやさしいマシューのボーカルが重なると、胸アツのポップソングが生まれます。
そんなポップソングがいっぱいの「ガールフレンド」は、多くの熱烈なファンの支持を受け、パワーポップの金字塔と呼ばれるアルバムになりました。

■6年ぶり

その後も持ち前のポップセンスで作品をリリースする一方で、元バングルズのスザンナ・ホフスとカバー・アルバムを出すなど、ポップ・オタクぶりを発揮します。
このカバー・アルバムは、別の機会に紹介したいほどの、濃密な出来です。さすがはポップ・オタク。根っから古き良きポップ&ロックが好きなんですね。


Under the Covers 1/マシュー・スウィート&スザンナ・ホフス

最近あまり音沙汰ないなぁ…と心配していたところ、この新譜が届けられました。
前作「Modern Art」から6年ぶりとなるアルバム「Tomorrow Forever」です。

これが「マスター・オブ・パワーポップ・イズ・バック!」という感じ。
この感想は、スター・ウォーズ好きのマシューも喜んでくれるんじゃないかしら?
ちなみに、マシューは日本のアニメ好きでも有名で、「うる星やつら」のラムちゃん・ファンを公言しています。


キミがスキ・ライフ/マシュー・スウィート

本作では、名作「ガールフレンド」にも通じる、瑞々しいパワーポップを全開。
久しぶりに故郷のネブラスカで制作したせいもあるのでしょうか、デビュー当時に若返ったかのようなエネルギッシュな音が満載です。

往年のファンにはたまらない、切ないギターの音が響き渡ります。
60年代のロック愛が伝わるような、シンプルながらも力強い演奏。
ほとばしるエレキギターの生音は、「ガールフレンド」を彷彿させます。
6曲め「Haunted」なんて、ビートルズの「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」並みに、ギターが泣いています。

往年のパワーポップ・ファンにはたまらない傑作です。「ガールフレンド」が好きだった人には特におススメしたい快作ですね。

■おススメの曲

最後に、恒例の(?)、個人的なおススメの曲を紹介します。
今回は、マシューの気合が伝わるかのように、なんと17曲もあるので選曲に悩みますが、なかでも個人的にターゲットゾーンど真ん中の曲を選びました。

まずは、アルバムの冒頭を飾る「Trick」。
イントロのギターからして、「マスター・オブ・パワーポップ・イズ・バック!」を高らかに宣言するかのよう。
シンプルでソリッドなギター・リフに、マシューの甘い声が重なって、懐かしの青春パワーポップがよみがえりました。


マシュー・スウィート・スタジオ・ライブ「Trick」

ついで、6曲め「Haunted」。
前述の通り、この曲の魅力は、泣きのギター。
メランコリックな甘いメロディとともに、とてもやさしく、そして生き生きとしたギターが奏でられます。
聴くほどにギターの音色に切なくなる。そんな名曲です。

そして、7曲目「Country Girl」。
こちらもマシューのポップセンスがほとばしる名曲です。
60年代を思わせるサイケデリック調のピースフルな曲調に、マシューの甘いボーカルが心地よく響きます。ほんと若返ったみたい。
ちなみに、ドラムの音が面白いなと思ったら、バングルズのDebbi Petersonが叩いているみたいです。こちらもおススメです。

マスター・オブ・パワーポップ・イズ・バック!。
そう高らかに宣言したいアルバム「Tomorrow Forever」。
なんと全17曲。パワーポップの玉手箱。おススメです!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事