• 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、「ユア・ビューティフル」で大ブレイクした英シンガー、ジェイムス・ブラントのアルバム「バック・トゥ・ベッドラム」です。

■タワレコ手帳

いつもお世話になっているタワレコ手帳。
1日1頁、手帳として使えるだけでなく、その日に起きた音楽関連の出来事が記載されています。

先日来、当「夢中図書館」でお知らせしているとおり、「タワレコ手帳」2018年版が製作されないことが分かりました。
なんとか復刻できないものか…。今年はこれまで以上にタワレコ手帳をとり上げて、その魅力を伝えていきたいと思います。
なお、館長ふゆきの愛用タワレコ手帳が2016年版であることは目をつむってください…。

ということで、2月22日のページをひらくと、気になる歌手の名前がありました。

【誕生日】ジェイムス・ブラント(1974)

誰それ?という方も多いかもしれませんが、その歌声は聴いたことがある人も多いんじゃないかな。
今日は、この英シンガー「ジェイムス・ブラント」をとり上げます。

■ユア・ビューティフル

ジェイムス・ブラントは、英国ウィルシャー出身の歌手です。
元軍人という異色のキャリアで、イギリス陸軍で大尉まで昇格。紛争地帯のコソボに赴いた経験もあります。

2002年に除隊してミュージシャン活動を開始。
子供のころからバイオリンやピアノを習い、ギターも弾いていたみたいですね。

2004年にデビューアルバム「バック・トゥ・ベッドラム」(原題:Back To Bedlam)をリリースすると、いきなり大ヒットとなります。
その原動力となったのが、シングルカットされた「ユア・ビューティフル」(原題:You're Beautiful)です。
この曲、聴いたことがある人も多いんじゃないかと思うんだけど…。


ユア・ビューティフル(MV)

名曲ですよね。アコースティックの調べも心にやさしく響きます。
この曲は11カ国で1位を獲得。日本でもテレビCMに使用され、ジェイムス・ブラントの名を知らしめました。

■個人的なおススメ

それでは、ジェイムス・ブラントのデビューアルバム「バック・トゥ・ベッドラム」から、個人的なおススメを紹介します。


バック・トゥ・ベッドラム/ジェイムス・ブラント

まずは何と言っても2曲め「ユア・ビューティフル」(原題:You're Beautiful)。
ギターの音色もジェイムスの声も、なんとも切なく響きます。
それもそのはず、この曲、実はとても切ない片思いソング。

You're beautiful(×3) It's true
I saw your face in a crowded place And I don't know what to do
'Cause I'll never be with you
君は美しい(3回繰り返し) それは真実さ
人ごみの中で君を見かけたけど 僕には何もできやしない
だって僕が君と一緒になることは 決してないんだから ※ふゆき訳

…ジェイムス、もういい加減、あきらめろって。。。

続いて1曲め「ハイ」(原題:High)。
アルバムの冒頭を飾るこの曲もアコースティック・ギターの導入部が印象的。
サビのジェイムスのファルセット・ボイスは高揚感あります。なぜなら、こちらは恋の絶頂期を歌ってるから。良かったね、ジェイムス。


ハイ(MV)

そして4曲め「グッバイ・マイ・ラヴァー」(原題:Goodbye My Lover)。
タイトルから分かるように、こちらは悲しい別れの歌。
ピアノの弾き語りで、未練たっぷりに歌い込んでます。がんばれ、ジェイムス。明日があるさ。


グッバイ・マイ・ラヴァー(MV)

…ということで、ほんと軍人だったの?っていうくらい、繊細で心優しい感じのジェイムスくん。
その魅力たっぷりのデビューアルバムを紹介しました。

ありがとう、ジェイムス! 誕生日おめでとう!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事