こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

7/26は、「FUJI ROCK FESTIVAL」(フジロック)が始まった日。
今日の夢中は、1997年に開催された、記念すべき第1回のフジロックをとり上げます。


(写真はイメージです)

■7月26日

いつもお世話になっているタワレコ手帳。
1日1頁、手帳として使えるだけでなく、その日に起きた出来事が記載されています。

7月26日のページを開くと、こんな出来事が記載されていました。

【出来事】<FUJI ROCK FESTIVAL>が富士天神山スキー場で初開催(1997)

そうかぁ、あの驚愕のライブが行われたのはこの日だったんだ。。。


(写真はイメージです)

今では日本を代表するロックイベントとなった「FUJI ROCK FESTIVAL」(フジロック)。
その記念すべき第1回が行なわれたのが、1997年の今日、7月26日でした。

今日は、日本のロックフェスの幕開けを記念して、第1回めのフジロックをとり上げます。

■ロックフェス文化の幕開け

1997年7月26日。富士天神山スキー場。
ここは日本のロック史上、歴史に残る地となりました。

そうです。第1回「FUJI ROCK FESTIVAL」(フジロック)が開催。
この日、この地で、日本のロックフェス文化が生まれました。


(写真はイメージです)

実は、その記念すべき日。館長ふゆきも現地にいたんです。
当時、どっぷりロック小僧だった私。フジロックの開催が決まると、いてもたってもいられずチケットをゲット。

2日間のイベントでしたので、富士山のふもとに宿も確保し、どきどきワクワクしながら、当日を迎えたのでした。
しかーし!歴史に残る7月26日は、そんなロック小僧たちに笑顔の記憶を与えませんでした。

■台風直撃

迎えたフジロック初日、会場の富士山めがけて台風が直撃。雨や風やの大荒れになりました。

そもそもロックフェス慣れしていないことに加え、最悪の天候に見舞われ、会場周辺は大混乱。
アクセス道路は大渋滞となり交通は麻痺。私も雨の中、会場まで数時間、歩いて向かうこととなりました。

(写真はイメージです)

ようやく会場に着いても雨は強くなるばかり。雨風しのぐ場所もなく、私たちは泥だらけの富士天神山に放り出されました。
何より寒かった…。今ではカッパとか防寒具とか用意していくのかもしれませんが、当時はそんな備えもなくノーガードです。
豪雨の中、震えながらのステージ鑑賞は、もはやライブを楽しむというよりは、遭難者がサバイバルに挑む様相でした。

(写真はイメージです)

トイレも大行列だし、あたたかい食事もないし…。
次第に体力を失われるなか、これ以上のライブ鑑賞は無理と判断。やむなくフェス途中で帰参することとなったのでした。

ちなみに、この判断は後に正しかったことが判明します。
ライブ終了後、シャトルバスが何時間も遅れ、一台到着するごとに人が押し寄せるパニック状態になりました。
死者が出ないのが不幸中の幸いと言われるほどの惨状を呈して、日本のロックフェス幕開けの日、7/26は終了しました。

■あっけない幕切れ

私のほうは、何とか予約していた宿にたどり着き、体力を回復して2日めのリベンジを期します。
そして迎えた2日めは、朝から青空の広がる台風一過の晴天!

(写真はイメージです)

しかーし!なんと、宿に聴こえたのは、「本日のイベントは台風のため中止となりました」というアナウンス。
町の一斉放送だったのかな…。当時、朝飯をとっていた私を含むロックフェス参加者とおぼしき若者らは絶望の声をあげたのでした。

なんでも、警察や自治体などの要請や、荒れた会場の状態から、これ以上のイベント続行は不可能と主催者が判断したとのこと。
こうして、日本はじめてとなる本格的な野外ロックフェスは、前代未聞の中止。多くの問題を残したまま幕切れとなったのでした…。

ちなみに、この経験が、のちのフジロックに大きく役立つことになります。
場所を苗場に移したフジロックは、海外メディアから「世界一クリーンなフェス」と讃えられるほど見違えります。
天候への備えはもちろん、アトラクションや店舗などを充実させ、ロックファンのみならず「日本の夏の風物詩」と知られるまでになりました。

■出演アーティスト

なお、この歴史的なフジロック(1日目)に出演したのは次のアーティストたち。
レッド・ホット・チリペッパーズ
レイジ・アゲンスト・ザ・マシーン
ザ・イエロー・モンキー
フー・ファイターズ
ザ・ハイロウズ
エイフェックス・ツイン
電気グルーヴ
などなど。

トリを務めたのはレッド・ホット・チリペッパーズ。
ボーカルのアンソニーは骨折した腕を吊りながら熱演。嵐の中のライブは伝説となりました。

そのラストを飾ったのがこの曲「Give It Away」です。
なお、当方はここまで体力が持たずに脱落していたのは報告してあるとおり。

脱落前、疲労困憊の中で、何としても聴きたいと粘って観たのが、フー・ファイターズでした。
まだデビュー間もない彼ら。このときは2枚目のアルバム「ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ」をリリースしたばかり。

The Colour & The Shape

このライブが超絶カッコよかった。これを聴いて体温が上がったことで、倒れずに済んだのかも(苦笑)。
序盤で演奏した「モンキーレンチ」は、会場を一気にヒートアップさせました。

いやぁ、懐かしいな、フジロック。苗場に移ってからは行ってないけど、「世界一クリーンなフェス」ならいいかもな。
第1回目を経験した人間からすると、とても信じられないことだけど(苦笑)。いつかリベンジに行くよ、フジロック!

ありがとう、フジロック! ありがとう、7月26日!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事