こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、リサ・スタンスフィールド「All Around the World」を取り上げます。

■今日は何の日

いつも愛用しているタワレコ手帳
1日1頁、その日に起きた出来事やミュージシャンの誕生日などが記載されています。

4月11日は、懐かしのこの人の誕生日でした。

4月11日 【誕生日】リサ・スタンスフィールド(1966)

80年代終わりに突如として表れた歌姫。
名曲「All Around the World」で一世を風靡しました。

すっかり忘れてたなぁ…。ありがとう、タワレコ手帳。
こんな風に昔馴染みの曲と再開できるのも、手帳のおかげです。

今日は、リサ・スタンスフィールドの誕生日を記念して、彼女の代表曲「All Around the World」を取り上げます。

■リサ・スタンスフィールド

リサ・スタンスフィールド
イギリス北部ランカシャー出身のシンガーソングライターです。

彼女は子供の頃からソウル・ミュージックを聴いて育ちました
シュープリームスやバリー・ホワイトに幼いころから親しんできた彼女が、歌の世界に入ったのは必然でしょう。

彼女の歌の才能は早くから花開き、14歳の時に、地元テレビ局のタレント・コンテストで優勝。
子供向け番組のパーソナリティーに抜擢されます。

1983年に、友人2人と、ポップ・ソウル・トリオ「ブルー・ゾーン」を結成します。
残念ながらヒットには恵まれなかったものの、そのソウルへのアプローチは、クラブ・シーンで着実にファンの心を掴みました。

その後、ダンス・デュオ「コールドカット」のゲストボーカルに起用され、シングル「People Hold On」がスマッシュヒット。
その余勢をかって、ソロ活動をスタート


People Hold On The Best of Coldcut

1989年、デビューシングル「This Is The Right Time」をリリース。
UKチャートでトップ20入りを果たし注目されると、その後に名曲「All Around the World」が続きます。


Affection

この曲で全世界のファンを魅了。UKチャート1位を獲得したほか、アメリカでも成功を果たします。
ポップ・チャートだけでなく、R&Bチャートでも1位を獲得する快挙を成し遂げました。

■All Around the World

それでは、さっそく名曲「All Around the World」を聴きましょう。
Back to the 80s!リサ・スタンスフィールド「All Around the World」、Here we go!

いやぁ、いいですね、リサ・スタンスフィールド。
端正な容姿に、ソウルフルなボーカル。一度耳にしたら忘れられないメロディがあります。
名曲は色褪せませんね。

ちなみに、その後のリサ・スタンスフィールドですが、コンスタントにアルバム、シングルを発表し続けています。
2018年4月には、8作目となるアルバム「Deeper」をリリース。ソウル魂が健在であることを示しています。


Deeper(日本限定盤)

そんな歌姫も今日で御年53歳。もっともっと現役で頑張ってほしいですね!

ありがとう、リサ! ありがとう、All Around the World!

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事