• 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
ツインボーカルで描く男女のせめぎ合い。バービーボーイズ「負けるもんか」。

今日の「夢中」は、バービーボーイズの「負けるもんか」。
アルバム「蜂-コンプリートシングルコレクション」より。

■女ぎつね on the Run

バービーボーイズ!今の若者たちは知らないであろう、1980年代に活躍した5人組ロックバンド。
なんと言っても、その魅力は、杏子とKONTAのツインボーカル。

絶妙な歌詞と相まった、ちょっとセクシーな男女のかけ合い。今聴いても、その世界観は新鮮で、比類ない独特なジャンルを形づくっています。
でもなぜ今、夢中になるの?

というのは、この前テレビで、オーガスタキャンプ2016のライブ特番が放映されていたんですね。
これは、2016年の9月に富士急ハイランドで行われた、秦基博さんがプロデュース(もちろん演奏も)した野外フェス。

これに杏子さんが出ていて、秦基博さんと一緒に「女ぎつね on the Run」をやっていたんですね。

これがまた良かったんですよ。KONTAのパートは秦基博さんがやってるんですが。
もう懐かしくて懐かしくて。それでつい、このバービーボーイズのベスト版を買ってしまいました。

■負けるもんか

彼らの魅力の一つは、男女のきわどい歌詞。
「女ぎつね on the Run」はもちろんですが、彼らの代表曲「負けるもんか」を、歌詞を見ながら聴いてのけ反りました。

女「近くまで来てるのよ、泊めてくれる?いきなりで悪いけど帰れない。着替えでも探してて。」
男「あぶないぜ、あぶないぜ。負けるもんか、負けるもんか!」
女「あの娘のことがまだ気にかかるの?もう忘れて。同じことでしょ。ここまできてるのに言い訳できないわ。」
男「いけないぜ、いけないぜ。かまうもんか、かまうもんか?」
男女「誰にもきっとばれずに、このままずっといければ、かまうもんか!」

こんな修羅場をポップな曲にしてしまう。聴けば分かるけど、誰もが口ずさめるアップテンポな曲調なんだよね。
しかも、この歌詞!女子に押されっぱなしの男子が次第に理性を失って、最後は「かまうもんか」って…。怖すぎて笑えない…。
いまの時代の、肉食女子と草食男子の関係を予言していたかのような歌ですね。

それ以外にも、このベストアルバムには、「なんだったんだ?7DAYS」や「チャンス到来」、「目を閉じておいでよ」など、彼らの代表曲が収録されています。
タイトルを見ただけで聴きたくなるでしょ?歌詞も一癖も二癖もあって…。 オススメです。

今こそ、バービーボーイズを再評価すべきではないかと思いました。

好きです、杏子さん&バービーボーイズ!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事