• 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
「アイム・オンリー・スリーピング」からジョンを偲ぶ。ビートルズ「リボルバー」を聴く。

今日の「夢中」は、ザ・ビートルズ「リボルバー」です。

■アイム・オンリー・スリーピング

12月8日は、ジョン・レノンの命日。
彼が凶弾で倒れたのは1980年。今から36年前。そんなに昔になってしまったんですね. …。

いつもは、この時期になると「今日は何の日」のようにメディアに取り上げられて、逆に興ざめになっていたここ数年…。

ただ、今年はちょっと違う。
たぶんリンゴ・スターの来日公演を見たせいもあったでしょう。
また、「エイト・デイズ・ア・ウィーク」の映画公開、合わせてCD発売の影響もあったと思います。

でも、そんなことより今年、12月8日という日を思い起こしたのは、bayFMから流れてきた「アイム・オンリー・スリーピング」でした。

■リボルバー

DJの小林克也さんがビートルズのトリビアなネタを紹介します。
「ジョンはこの頃(リボルバー近辺)、すでに、コンサートへの興味を失っていました。」
「ジョンは、『ビートルズは4匹の猿だ』と言っていました。『コンサートで演奏する芸を仕込まれた猿なんだ』と…。」

「アイム・オンリー・スリーピング」が収録されているアルバム「リボルバー」から、彼らはコンサート公演を止め、スタジオでのアルバム制作に集中するようになります。

次作「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」につながるサイケデリックな音。
「アイム・オンリー・スリーピング」に代表される、テープの逆回転や音源を重ねた録音。

そもそもライブでは再現できない曲が多く、彼らがライブ・バンドからレコーディング・バンドに変わりゆく、転換期となるアルバムと言えます。
ジョージの「タックスマン」から始まるってのも、今までとは違うんだぞ!という、彼らのメッセージのように感じますよね。ポールのベースギターもイイ!

さて、ジョンですが、この「リボルバー」で、 「アイム・オンリー・スリーピング」だけでなく、「アンド・ユア・バード・キャン・シング」、「トゥモロー・ネバー・ノウズ」(ミスチルじゃないよ)など、審美的な楽曲の数々を奏でています。

前作「ラバーソウル」の「ノルウェーの森」あたりから、ジョンの曲はスピリチュアル色が強くなっていきますが、この「リボルバー」で開花した感じです。
そしてそれが、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」につながっていく。この辺は、合わせて聴きたいですね。

生きていれば、ジョンも「ノーベル文学賞」を受賞してたかもしれないですね。
そんでもって授賞式を欠席せずに(苦笑)、あのジョークをやってほしかった。
「安い席の人は手拍子を。高い席の人は宝石を鳴らしてください。」

あらためて、ジョン・レノンの冥福をお祈りします。
Love&Peace…。ありがとう、ジョン。

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事