新着記事
フジファブリックと山田孝之の魅力満載。最高に楽しい歌「カンヌの休日 feat.山田孝之」を聴く&観る。
ザ・プレジデンツ・オブ・USAが歌う、猫や桃の歌。超陽気な3人組のデビュー・アルバムが再リリース!
ノーベル賞受賞前のトリビュート・ライブ。豪華なディラン・フォロワーたちが名曲を歌う。本家を超える(?)バーズ版「ミスター・タンブリン・マン」が会場に響く。
80年代を代表する米バンド「ジャーニー」の期間限定盤がリリース!名曲「オープン・アームズ」は映画「海猿」の主題歌。ところでなぜ今?
「グリーンボーイズ」を聴いて、「Green boys」を惜しむ。ベスト盤「All SingleeeeS」でGReeeeNの名曲を‘僕ら何度でも何度でも’!
ヤァ!ヤァ!ヤァ!「ポップ仙人」がやってくる!待ち遠しい来日公演。ポール・マッカートニー、ヘビロテ中!
20年を経て届けられた「恐るべき子供たち」の最旬ライブ。轟音ギターと甘いメロディ。「アッシュ」の1997年ライブを聴く。
押し寄せるユーフォリア(陶酔感) 超音速で時代を駆け抜けた兄弟たちの物語 オアシス「スーパーソニック」
GReeeeNの10周年記念ライブ。10年目にして初めて本人が登場!涙の理由は4人と1万6,000人の…?
2017年の初「夢中」。ポールの再来日決定記念、『ポール・マッカートニーのライブで聴きたい曲、勝手にベスト10』発表(超個人的)!
追悼、ジョージ・マイケル。「メイク・イット・ビッグ」は青春時代のヘビロテだった。「エヴリシング・シー・ウォンツ」はバブル期の…?
ウェルカムバック・トゥ・ロックンロール!65歳スティングからのサプライズな贈り物。「ニューヨーク9番街57丁目」を聴く。
全力で青春を駆け抜けるすべての若者たちに捧ぐ、粗くも自由な「全力少年」。スキマスイッチproduced by奥田民生。
もしも「先約」がなかったら…。ノーベル賞授賞式の代わりに、最も熱かった1966年のボブ・ディランを聴く。
やさしいメロディとギターの奏で。いつも変わらぬハートフル・サウンド。ティーンエイジ・ファンクラブ「Here」を聴く。
「アイム・オンリー・スリーピング」からジョンを偲ぶ。ビートルズ「リボルバー」を聴く。
ツインボーカルで描く男女のせめぎ合い。バービーボーイズ「負けるもんか」。
もはや英ロック!?ツインのギターソロが疾走する。OKAMOTO'S「BROTHER」を聴く。