Back to the 80s!ザ・スミザリーンズ「ロンリー・プレイス」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、Back to the 80s!ザ・スミザリーンズ「ロンリー・プレイス」です。
「夢中図書館 音楽館」は、ロックの名盤や新譜などをレビューする音楽ブログです。あなたのお気に入りの音楽を見つけてください。

■ザ・スミザリーンズ

ザ・スミザリーンズ(The Smithereens)。
米ニュージャージー州で結成されたロック・バンドです。


Greatest Hits... Revisited

1980年代後半から1990年代半ばにかけて、音楽シーンを賑わせました。
賑わせたといっても、大ヒット曲があるわけでもなく、大ブレイクを果たしたわけではありません。

米ビルボードでも、3rdアルバム「11」(1989年)の41位が最高位。
言ってみれば、地味に人気を博したバンド。それでも、彼らの奏でる珠玉の楽曲の数々は、パワーポップ・ファンを魅了しました。


11

館長ふゆきもその一人。当時のTV番組「ベストヒットUSA」で彼らを聴いたのをきっかけに、アルバムを買って聴きまくりました。
そのアルバムが、彼らの1stアルバム「エスペシャリー・フォー・ユー」(Especially For You/1986年)です。


Especially For You

その音楽は、ビートルズやキンクスの流れを受け継ぐ王道パワーポップ
収められた曲全てが胸躍るようなポップソングです。そのメロディ、その歌声、その演奏に、強烈にハマりました。

このアルバムは、ニルヴァーナの故カート・コヴァーンに影響を与えたことでも知られます。
カートは、同アルバムをプロデュースしたドン・ディクソンを「ネヴァーマインド」のプロデューサーに迎えようとしました。結局実現しませんでしたが、その影響の大きさを、彼の死後発表された日記が伝えています。

スミザリーンズは、カートだけでなく多くのミュージシャンからも愛されました。
フロントマンのパット・ディニジオ(Pat DiNizio)が「本当にたくさんの人と演奏したよ」と話している通り、ベリンダ・カーライルやルー・リード、ジュリアン・レノン、スザンヌ・ヴェガ、キンクスなど多くのミュージシャンとスタジオやライブでコラボしています。


MTV Unplugged EP

■ロンリー・プレイス

それでは、そんなザ・スミザリーンズの名曲を聴きましょう。
館長ふゆきが彼らに夢中になるきっかけとなった「ベストヒットUSA」でオンエアされた曲。当時、MC小林克也さんが「傑作です」と絶賛したMVも見どころです。

「ロンリー・プレイス」(原題:In A Lonely Place)。
アルバム「エスペシャリー・フォー・ユー」収録のナンバー。スザンヌ・ヴェガがゲスト・ボーカルとして参加しています。

Back to the 80s!ザ・スミザリーンズ「In A Lonely Place」。Here We Go!

 

めちゃくちゃ良い曲ですよね…。いま聴いても胸揺さぶられます。
MVにも登場しているのが、ボーカルを務めるパット・ディニジオ。声も歌い方も良いですが、なんと言ってもそのソングライティングが素晴らしい。

この曲でも反則級の泣きメロを奏でていますが、これがアルバム全編にわたって鳴り響くのです。
そりゃハマりますよね、特にパワーポップ好きには。以降もパットは、数多くの名曲を音楽シーンに送り出しました。

■パット・ディニジオ

そんな天性のメロディメイカー、パット・ディニジオ(Pat DiNizio)。
2017年12月12日、62歳でこの世を去りました


Songs and sounds/Pat DiNizio

このブログ記事を書きはじめてから、その事実を知りました
それまでの数年、様々な健康上の問題を抱えていたそうです。

衝撃です…。
「ロンリー・プレイス」で出会って以来、聴きまくったスミザリーンズ、パット・ディニジオ。
まだまだあなたの歌を聴きたかった…。

残されたメンバーは、2018年1月に米ニュージャージー州で、5時間にも及ぶパット追悼ライブを行いました。
そこには、スティーヴ・ヴァン・ザント(Eストリート・バンド)やデイヴ・デイヴィス(キンクス)など、多数のミュージシャンが参加しています。

音楽ファンにもミュージシャンにも愛されたパット・ディニジオ
安らかなご冥福をお祈りします。

ありがとう、ザ・スミザリーンズ! ありがとう、「In A Lonely Place」!

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事