こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、アイルランドのロック・バンドU2の大ヒットアルバム「ヨシュア・トゥリー」です。

■5月10日

いつもお世話になっているタワレコ手帳。
1日1頁、手帳として使えるだけでなく、その日に起きた出来事が記載されています。

5月10日のページを開くと、結構なアーティストがこの日に生まれていることが分かりました。
トラフィックのデイヴ・メイソン(1946)、ドノヴァン(1946)、シド・ヴィシャス(1957)、シャリース(1992)などなど。
皆さん、ハッピー・バースデ~!

今日はそんな中から、同じく5月10日が誕生日のこの人にスポットを当てましょう。

【誕生日】ボノ(U2:1960年)

今日は、アイルランドのバンド「U2」のボーカル・ボノの誕生日を祝って、彼らの大ヒットアルバム「ヨシュア・トゥリー」をとり上げます。

■U2

「U2」はアイルランド出身のロック・バンド。今や押しも押されぬスーパー・バンドです。

ただ、個人的な「U2」との出会いは「おや?」というものでした。
それは1985年、20世紀最大のチャリティ・コンサート「ライブ・エイド」をテレビで見ていたときのことでした。
観客の熱狂に迎えられて登場したのが「U2」。その中心に立つボーカリストは、なぜか詰襟の学生服を着ていました。

このボーカリストこそ、今日(5/10)誕生日を迎えた「ボノ」、その人でした。
なぜ学生服を着ているんだろう?パロディ・バンドか?…という第一印象をぶっ壊したのが、彼らの演奏でした。

このときU2は、4thアルバム「焔(Unforgettable Fire)」を出したばかりの、まだ若手中堅バンド。
ただ、その圧倒的なパフォーマンスは間違いなく、コンサート前半の山場をつくりました。
観客をアジテートし、魂を揺さぶる、パワフルでソリッドなロックンロール…。このライブに感化されて、すぐにアルバムを買いに走りました。

焔(Unforgettable Fire)

■ヨシュア・トゥリー

今日紹介するのは、その衝撃のライブエイドから2年後(1995年)にリリースされた5thアルバム「ヨシュア・トゥリー」です。

ヨシュア・トゥリー

このアルバムは世界中で大ヒットを記録。米英でチャート1位を獲得。
シングル「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」や「終りなき旅」(原題:I Still Haven't Found What I'm Looking for)もチャート1位。
記録的な大ヒットにより、U2は、名実ともにスーパー・バンドになりました。

ちなみに、「ヨシュア・トゥリー」とは、アメリカ南西部の砂漠地帯に生えるユッカの樹のこと。
ジャケットの裏写真に写っていますが、砂漠に立つその姿は、彼らの孤高に音楽を追い求める姿を示しているのかもしれません。

■個人的なおススメ

それでは、そんなU2の大ヒット・アルバム「ヨシュア・トゥリー」から、個人的なおススメです。

まずは3曲め「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」。
アルバムの1stシングルにして始めて全米1位を獲得した大ヒット曲。
音調も歌詞も深遠な、スピリチュアルな名曲です。特に後半にかけて高まっていくボノのボーカルの存在感は圧倒的。
宇多田ヒカルもMTVアンプラグドでカバーしていました。これからも歌い継がれるであろう名曲です。

続いて2曲め「終りなき旅」(原題:I Still Haven't Found What I'm Looking for)。
これまたスピリチュアルなテイストたっぷりのロック・ナンバーです。
エッジ(U2のギタリスト)のエフェクトの効いたギターの音がU2の独特の世界観をつくり出しています。
彼らのライブでは、「アンコール」の代わりに、この歌のサビ「I Still Haven't Found What I'm Looking for~」(俺はまだ求めているものを見つけられていないんだ※ふゆき訳)を歌うのが定番。カッコいいな。

そして1曲め「約束の地」(原題:Where the Streets Have No Name)
同じくエッジのギターで、U2の音楽の世界に魂を引き込まれます。叙情的なイントロからボノの熱い歌声が重なり、ハイライトとなるサビへ。U2を代表するロック・ナンバーです。
なお、ミュージック・ビデオはロサンゼルス市街地でゲリラ撮影されました。

「ヨシュア・トゥリー」。あらためて聴き直しましたが、これは後世に残る名盤ですね。メンバーも一番、脂の乗っている時期ではないでしょうか。
ちなみに、U2は、1980年のデビューから現在に至るまで解散はもちろん、メンバーの脱退や変更もなく活動していて、奇跡のロック・バンドなんて言われたりしています。これからも元気に活動を続けてほしいですね。

ありがとう、U2! 誕生日おめでとう、ボノ!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事