• 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、誕生日おめでとう、フェイス・ヒルです。


ヒッツ

■9月21日

いつもお世話になっているタワレコ手帳。
1日1頁、手帳として使えるだけでなく、その日に起きた出来事が記載されています。

9月21日は話題が豊富。
1988年のこの日、B'zがデビューしています。
一方で、1993年のこの日には、奥田民生のバンド「ユニコーン」が解散を発表。2011年のこの日には、米ビッグ・バンドR.E.Mが解散を発表しています。
この日が誕生日のアーティストも多数。レナード・コーエンやオアシスのリアム・ギャラガーなどがこの日に生まれています。

そんな話題豊富な9月21日ですが、今回とり上げるのは、この日が50歳の誕生日、米女性カントリー・シンガー、フェイス・ヒルです。

■フェイス・ヒル

フェイス・ヒルは、米ミシシッピ州出身の女性カントリー・シンガー。
誕生日は、1967年9月21日。
ハッピー・バースデー、フェイス・ヒル!50歳おめでとう!

幼い頃から歌の才能を発揮したヒルは、メジャー・レーベルの幹部の目にとまって、1993年にメジャー・デビュー。
彼女のデビュー・アルバム「テイク・ミー・アズ・アイ・アム」は、シングル「ワイルド・ワン」や「ピース・オブ・マイ・ハート」のヒットもあって、300万枚を売り上げる大ヒットとなりました。


テイク・ミー・アズ・アイ・アム

その後もアルバムを出すたびにその歌唱力を如何なく発揮して、人気を不動のものとします。
プライベートでも、カントリー歌手ティム・マグロウと1996年に結婚。
現在は3人の娘に恵まれ、最近も夫ティムとのデュエット曲をリリースしています。

■個人的なオススメ

最近は彼女自身のアルバムがリリースされていないのは残念ですが、これまでのキャリアから、個人的なオススメを紹介しましょう。

まずは、何を差し置いてもこの曲、「This Kiss」。
1998年リリースのアルバム「フェイス」からのシングルカットです。
この曲ほど、ヒルの魅力を体感できる曲はないでしょう。力強い歌声と心揺さぶるポップなメロディ。100年残る名曲です。


This Kiss MV


フェイス

続いて、デビュー曲「ワイルド・ワン」。
この曲をリリースしたときは、まだ彼女は26歳。それでもその歌唱力はすでに円熟の領域に入っています。
テンポのいいカントリーの曲に見事に彼女の歌声がマッチします。この後のヒル劇場の幕開けを告げるデビュー曲です。

そして、こちらも「ワイルド・ワン」同様に、デビュー・アルバム「テイク・ミー・アズ・アイ・アム」に収録の「ピース・オブ・マイ・ハート」。
アーマ・フランクリンのカバーですが、ジャニス・ジョプリンのバージョンが有名です。
原曲の良さもさることながら、カントリー・ミュージックのリズムに乗せた演奏とヒルの歌声が見事!ジャニスに並ぶ名曲に仕上がりました。


ピース・オブ・マイ・ハートMV

ありがとう、フェイス・ヒル!誕生日おめでとう!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事