• 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
GReeeeNの10周年記念ライブ。10年目にして初めて本人が登場!涙の理由は4人と1万6,000人の…?

GReeeeNのデビュー10周年記念ライブ「リーナルーデ」が、2017年1月7日、さいたまスーパーアリーナで行われました。

すでにメディアで取り上げられていますが、デビュー10年目にしてはじめて本人が登場するという貴重なライブとなりました。

■キセキの瞬間

その瞬間は、アンコールのときに訪れました。

いつもの彼らのライブとちょっと違う雰囲気。
アンコールのコールが続いても、なかなか始まりません。
夏のライブでは会場を煽っていた緑の妖精(?)の姿もありません。

そんななか、ステージでは生ギターをチューニングする音が。
なに?なに? 会場がざわつきだします。

そしてようやく、ステージに灯りがともります。
しかし、いつものスクリーンには、4人の姿はありません。
その代わりに、その後方、白い幕の向こうに4つのシルエットが…。

顔は見えませんが、4人の動きが、喋りが、そして何より4人の生の歌声がアリーナに響きます。
まったく予期せずに訪れたキセキ。GReeeeN本人たちのライブ登場です!

アンコール1曲めにして、記念すべき本人たちによる初生歌は「BE FREE」!
イントロの生ピアノ、生バンド演奏。そこに4人の声が重なります。一体感がまるで違う。

そして続くは「キセキ」!
「君にめぐり会えた。それって奇跡?」
会場は大合唱。そりゃそうだよね。いまこの瞬間に歌詞がシンクロして、気持ちが高まります。

最後は彼らのデビュー曲、「道」!
「one time ひとり辛いときも、
two time 立ち上がれない日も、
three time がんばる君のもとへ、
4 you 大丈夫、がむしゃらに行こう」

4人が4人の10年を振り返るような「4 YOU(for you)」。格好良すぎな締めくくりじゃない?

■10年分の思いを込めて

MCで一人ずつ思いを語ってくれたんですが、SOHのコメントがヤバかった。

「はじめまして、SOHです。
このステージに立つことを心待ちにしてきました。
なぜなら、みんなを目の前にして言いたかった言葉があるからです。
デビューから10年間、本当にありがとう…。」

絞り出すような、10年ぶんの「ありがとう」でした。

はからずも、ライブで涙を流してしまいました。

彼らのファンへの思い、そしてファンの彼らへの思い。4人と1万6,000人の、「やっと会えた」。
それぞれの積もり積もった思いが会場を包み込んで、誰もが胸をつまらせたのではないかと思います。

まだまだ今日のライブについて言いたいことはありますが、やっと出会えた「キセキ」でいっぱいいっぱい。
また別の機会に紹介できればと思います。

SOHさん、
こちらこそ、この10年間、素敵な歌をありがとうございました。たくさんの元気をもらいました。

GReeeeNの皆さん、
「ただアリガトウじゃ伝えきれない」(「愛唄」)から、10年ぶんのありがとうを送ります!
また会いましょう!

(追加です)

あーっ!
暗号だったのか、ツアー名!

『クリビツテンギョウ!?ル〜デル〜デ♪』

『ビツクリギョウテン!?デ〜ルデ〜ル♪』

『びっくり仰天!?出〜る出〜る♪』

ぜんぜん気づかなかった。。。
相変わらずお遊びが好きですね、GReeeeNさん!
本当にありがとう!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事