• 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
ポール・マッカートニー来日公演の舞台裏…じゃなくて舞台前!?実は開演前に夢の時間旅行は始まっていた。ポール、遅刻だよ!

今日の夢中は、昨日に引き続き、ポール・マッカートニーの4/29東京ドーム公演。

いまだ興奮冷めやらぬ日々。
ポール&ビートルズのヘビロテが続く毎日です。

■開演前のお楽しみ

夢のような4/29東京ドーム公演については、当ブログにてレポート済み(詳細はこちら)ですが、今回は、ライブならではの、ちょっとしたお楽しみを紹介します。
それは、ライブが始まる前に会場に流れるBGM。開演前SEとも言われています。※Sound Effect(サウンド・エフェクト)の略。
WOWOWとかスカパーで放送があっても、ライブ前に流れる音楽は観れませんね。

今回のポールのライブ公演は、この開演前SEもスゴかった!
ステージの両脇に赤い幕のような円筒(CG?)があらわれると、会場に流れてきたのはビートルズの歌!


ジョンの叫ぶような歌声、「Dizzy Miss Lizzy」!
リンゴがドラムを叩きながら歌う、「Boys」!
12弦ギターの音色が美しい、ジョージの「If I Needed Someone」!

Pop Wizard(ポップの魔法使い)ポールの手により、封印を解かれたかのように、
60年代のビートルズの歌が会場によみがえります。

さらには、「Rock And Roll Music」、「Twist And Shout」と、ビートルズ時代のライブ定番曲が、東京ドームに高らかに響きます。
特に、ジョン・レノンの力強いボーカルが印象的な「Rock And Roll Music」は、50年前の武道館公演のオープニングナンバーです。

しかもステージ両脇の円筒には、当時の若かりしファブ・フォー(ビートルズの4人)の姿が映し出されます。
この演出には、ライブが始まる前にして、不覚にも涙ぐんでしまいました。。。

■ポール、遅刻だよ!

開園予定時刻を過ぎてもなお続く開演前SE。
その終盤では、いよいよポールの曲が流れます。

ビートルズ時代のポールの曲、「Getting Better」、「Words of Love」、「What You're Doing」…!
さらにはソロの曲、「Silly Love Songs」、「Coming Up」、「Mrs.Vanderbilt」…!
リミックスが施され、今風によみがえったこれらの曲で、否が応にも会場は盛り上がります。
ちなみに、「ポール・マッカートニーのライブで聴きたい曲、勝手にベスト10」でも取り上げた「My Brave Face」も流してくれました。ありがとう、ポール!

そして、開演前SEを締めくくるべく、大音量で流れてきたのは、今年で発売50周年を迎えるアルバム「Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band」のラストナンバー「A Day in The Life」。

♪Woke up, fell out of bed, Dragged a comb across my head♪
(目が覚めて、ベッドから転げ落ちて、急いで髪をクシで撫でたんだ)※ふゆき訳
♪Found my way downstairs and drank a cup, And looking up I noticed I was late.♪
(1階に降りて、紅茶を1杯飲みほして、ふと顔を上げたら、もう遅刻だって気づいたんだ)※ふゆき訳

ポール、遅刻だよ(苦笑)。
でも、こんな素敵な開演前SEを用意してくれてありがとう。
いまも、4人は一緒なんだね。50年のときを経た邂逅に、ちょっと嬉しくなりました。

その後に続く、夢のようなライブ本番については、当ブログのこちらをご覧いただくとして、
今回の来日公演最終日、4/30東京ドーム公演のセットリストも届きましたので紹介します。
ビートルズ時代の「Get Back」を演ってるんだ!行ったひと、うらやましい。。。

また日本に帰ってきてね。ゲット・バック、ポール!!

■4/30東京ドーム公演セットリスト

4/30東京ドーム公演のセットリストです。このライブのあと、ポールは日本を飛び立ちました。ありがとう、ポール!

1. A Hard Day’s Night
2. Junior’s Farm
3. Can’t Buy Me Love
4. Jet
5. Temporary Secretary
6. Let Me Roll It
7. I’ve Got a Feeling
8. My Valentine
9. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude
<アンコール>
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Get Back
36. Hi, Hi, Hi
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事