追悼 マリー・フレデリクソン。ロクセット「THE LOOK」の歌声は永遠に…

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

追悼 マリー・フレデリクソン。
スウェーデンのポップ・バンド「ロクセット」のボーカル、マリーの訃報が届きました…。
今日は、マリーの冥福を祈って、ロクセットの大ヒット曲「THE LOOK」をとり上げます。

■ロクセット

ロクセットのマリーが脳腫瘍との闘病の末に亡くなりました。享年61歳。

ロクセットは、スウェーデン出身のポップ・バンド
ギター&ヴォーカル担当のペール・ゲッスルと、ヴォーカル担当のマリー・フレデリクソンからなる男女デュオです。

1986年、アルバム「Pearls of Passion」でデビューすると、すぐに本国スウェーデンで人気に火が付きます。
そんな彼らが世界的な人気バンドになるのは、続くアルバム「Look Sharp!」(1988年)をリリースしてから。


Look Sharp!

同アルバム収録の「THE LOOK」が米国で大ヒット。
全米シングルチャートで1位を獲得すると、その後も「Listen To Your Heart」「Dangerous」などヒットを連発します。

90年代に入っても、映画「プリティ・ウーマン」の挿入歌「It Must Have Been Love」(邦題:愛のぬくもり)が全米1位の大ヒット。
アルバム制作にライブ活動に、順調に音楽活動をこなしていました。


It Must Have Been Love

そんなバンドにつらい知らせが入ります。2002年、マリーが脳腫瘍を患っていることが分かったのです。
バンドは休止状態に。そして、マリーの長い闘病生活はここから始まります。

もともと強い女性だったんでしょうね。治療の過程で、片目の視覚と聴覚の一部を失いますが、2009年に不屈の精神でステージにカムバック
「Charm School」 (2011年)や「Travelling」(2012年)などアルバムもリリースして、バンド復活をアピールしていました。


Charm School

しかし2016年に病状が悪化して、マリーは音楽活動から退きます。
2019年12月、17年にわたる癌との戦いを終え、永眠されました…。
享年61歳。


THE 30 BIGGEST HITS XXX

■THE LOOK

それでは、敬愛するマリーを追悼して、ロクセットの代表曲「THE LOOK」を聴きましょう。
1989年の大ヒットナンバーです。

いやぁ、マリー、カッコいいですねぇ。
その歌声はソウルフルでグレイト。その姿はクール&ビューティー
いま聴いても、声に込められたパワーがビシバシと伝わってきます。

相棒のペールも追悼の言葉をツイートしています。

ときが経つのはとても早い…。
2人で見果てぬ夢を追い求めて、小さなアパートで昼夜過ごしたのも遠い昔じゃないよね。
そして、僕らはその夢を実現できたんだ。君という才能、君という素晴らしいひとに出会えて本当によかった。
※ふゆき訳

すばらしい歌をありがとう。あなたの歌声は永遠に残ります。
マリー、ゆっくりとお休みください。

ありがとう、マリー。 ありがとう、ロクセット。

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事