こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ダイナソーJr.のJ Mascis(Jマスキス)のソロ・アルバム「エラスティック・デイズ」です。

■Jマスキス

J Mascis(Jマスキス)
アメリカのオルタナティブ・ロックバンド「ダイナソーJr.」の中心人物。
バンドではボーカルとギターを担当しますが、ドラムも演れるマルチ・プレイヤーです。

以前は「マスシス」と表記されていたと思いますが、いつの間にか「マスキス」になっていますね。
英語の発音は「マスキス」が正当らしいので、そちらの合わせたのかしら。

ダイナソーJr.は、ニルヴァーナらが牽引した90年代のグランジ・ロック・ブームな中で人気を博しました。
特徴は、轟音ギターとメロウなメロディ

グリーン・マインド/ダイナソーJr.

そう言うとニルヴァーナみたいだけど、確かに似ている面はありますが、ダイナソーJr.のほうがもっと尖がっています。
その理由は、Jマスキスのノイジーなギターと、けだるいボーカルにあります。メインストリームには出れない感じ(苦笑)。

でもそれが、好きな人にはたまらない。館長ふゆきも一時ハマりました。

■エラスティック・デイズ

ただ、バンドはメンバーの不仲などにより、1997年に解散。
その後、2005年に再結成されますが、並行してJマスキスはソロ活動も行います。

今回、待望のニューアルバム「エラスティック・デイズ」がリリース。
ソロとしては3枚目。前作から4年ぶりとなるアルバムです。

エラスティック・デイズ

このアルバム制作に向けて、なんとボーカル・レッスンを受けたというマスキス。
その効果もあってか、なんともメロディアスでフォーキーなアルバムとなっています。

バンドの代名詞ともいえる轟音ギターは封印。
”泣き”のギターとマスキスのボーカルが絡み合う、やさしい楽曲群が揃いました。
ちなみに、ドラムを含めてほとんどの楽器をマスキスが演奏しています。さすがはマルチ・プレイヤー。

■個人的なおススメ

それでは、Jマスキスのアルバム「エラスティック・デイズ」から、個人的なおススメを紹介します。

まずは1曲目「シー・ユー・アット・ザ・ムーヴィーズ」
いきなり美しいアコースティック・ギターの音色でアルバムの幕が開きます。
もともとソングライティングには定評のあるマスキス。アコギの曲でその才能を証明しましたね。

続いて9曲目、タイトル曲「エラスティック・デイズ」
これまたやさしいギターの音色が心地いいメロウな曲です。
ただ、この気色悪いPVはなに?ここは、メインストリームに出れないマスキスの本領発揮か…。

そして12曲目「エヴリシング・シー・セッド」
アルバムの最後の曲もアコースティック・ギターの柔らかな調べで始まります。
でも途中でエレキ・ギターが乱入。高らかに哀愁のギター・ソロを奏でて、アルバムを締めます。
この辺りはさすがJマスキス。心に染みる余韻を残すラスト・ナンバーでした。

久しぶりに聴いたJマスキス。この人のギターと声、やっぱり好きだわぁ…。
メロディアスなアルバムをつくっても、決してメインストリームは張れない、妙なアウトロー感がイイですね。

ありがとう、Jマスキス! ありがとう、エラスティック・デイズ!

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事