12/10はJ・マスシスの誕生日!ダイナソーJr.「グリーン・マインド」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、J・マスシスの誕生日を記念して、ダイナソーJr.のアルバム「グリーン・マインド」をとり上げます。

■今日は何の日

いつも愛用しているタワレコ手帳
1日1頁、その日に起きた出来事やミュージシャンの誕生日などが記載されています。

12月10日は、この人の誕生日でした。

【誕生日】J・マスシス(ダイナソーJr.:1965)

なんと…。もう55才になったのか、J・マスシス
ロックファンの間でコアな人気を誇るバンド、ダイナソーJr.のリーダー。ボーカルとギターを担当しています。


ライブ・イン・ザ・ミドル・イースト(DVD)

はじめて出会ったのは、ダイナソーJrの出世作となったアルバム「グリーン・マインド」(1991年)でした。
当時は、ニルヴァーナなどのグランジ・ロックが隆盛してた頃。館長ふゆきもよく聴きました。グランジの一団とは少し離れて、独特のローファイなサウンドを鳴らしてるのも好きでした。

ということで今日は、J・マスシスの誕生日をお祝いして、このアルバムをとり上げます。
ダイナソーJr.のメジャーデビュー・アルバム「グリーン・マインド」です。


グリーン・マインド(CD)

■ダイナソーJr

ダイナソーJr.
1983年、米アマーストで、J・マスシス(ボーカル&ギター)とルー・バーロウ(ベース)によって結成。
はじめは、バンド名は単に「ダイナソー」でしたが、後に同名のバンドが判明したために、「Jr.」(ジュニア)を付けました。

1985年に、デビューアルバム「Dinosaur」をリリース。
そのノイジーなギターロックで、オルタナ・ロックの雄ソニック・ユースから注目されます。


Dinosaur

一躍インディー・シーンの注目バンドとなったダイナソーJr.。
メジャー・レーベルと契約を果たして、1991年にアルバム「グリーン・マインド」をリリースします。

このアルバムが、当時席巻していたグランジ・ブームの流れに乗って、若いロック・ファンを引き付けました。
そもそもインディーズ時代は、グランジの先駆的な轟音ギターを鳴らしていた彼ら。このアルバムでは逆に、轟音ギターを抑えめに内政的なサウンドにシフトしました。


グリーン・マインド(LP)

J・マスシスのソングライティングを前面に打ち出したような作品。
やがて、バンドはマスシスのソロ・プロジェクトに変化。さらに2枚のアルバムを出したのちにバンドは解散してしまいます。

J・マスシスはソロで音楽活動を継続。やはり独特のギター&ソングライティングで作品をリリースしています。
そして、ダイナソーJr.ファンとしては嬉しいことに、バンドは2005年に再結成。アルバムをリリースするとバンド活動を再開しています。


ビヨンド

■個人的なおススメ

それでは、そんなダイナソーJr.のアルバム「グリーン・マインド」から、個人的なおススメです。

まずは1曲め「The Wagon」
アルバムの幕開けを飾るポップでロックなナンバー。
ポップなメロディと荒々しいギター・サウンド、そこに哀愁漂うマスシスのボーカルが重なります。
この曲で彼らを好きになったファンも多いはず。ダイナソーJr.の代表曲です。オンラインLIVEでも演ってました!

続いて、3曲め「Blowing It」と4曲め「I Live for That Look」
アコースティックな「Blowing It」から、エレキギターがせつなく響く「I Live for That Look」へ。
曲間なくつながる2つのナンバー。マスシスのメロディ・センスの光る楽曲です。

そして、9曲め「Thumb」
スローなテンポのメランコリックなナンバー。こんな曲も演れるんだというのが正直な感想です。
静かにキーボードが響く中に突き刺さる、頼りなげなボーカルとメランコリックなギターの音色。たまりませんね…。

やっぱりイイですね、ダイナソーJr.。この前のオンラインLiveも元気にロックしてたから、これからの活動も楽しみです。
誕生日おめでとう、J・マスシス。これからも独自のギター・ロックをかき鳴らしてください。

ありがとう、ダイナソーJr.! ありがとう、アルバム「グリーン・マインド」!

■オンライン配信ライブ(2020.11.28)

そんなJ・マスシス率いるダイナソーJr.ですが、2020年11月28日に無観客ライブを開催。その模様をオンラインでライブ配信しました。
これが、びっくりするほど若々しく、ノイジーな音を鳴らしていました。コロナ禍で来日は難しくなっていますが、こうしてオンラインでライブを観れるのは嬉しいですね。

【セットリスト】
LIVE ALONE FROM LOOK PARK(at Pines Theater, Florence)

1. The Lung
2. In a Jar
3. Goin Down
4. Long Time
5. Watch the Corners
6. Garden
7. Little Fury Things
8. Out There
9. Feel the Pain
10. The Wagon
11. Knocked Around
12. Start Choppin
13. Training Ground (Deep Wound cover)
14. Budge
15. Raisans
16. Freak Scene
17. Gargoyle
18. Kracked
19. Sludgefeast
20. Just Like Heaven (The Cure cover)

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事