こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

1月17日は、バングルズのスザンナ・ホフスの誕生日
今日の夢中は、スザンナの誕生日を記念して、バングルスのベスト盤「エッセンシャル」を取り上げます。

■悲報

悲報。タワレコ手帳2019年版、発売せず…。

いつも愛用しているタワレコ手帳。
1日1頁、その日に起きた出来事やミュージシャンの誕生日などが記載されています。

昨年、2018年版を購入しにタワーレコードに行ったら、製作していないと衝撃の回答を受けてから早や1年。
今年こそ、2019年版が再販されているはずと期待を持って出かけたものの、「昨年からつくっていません」と店員さんからドライな回答が…。

再発に向けて、当「夢中図書館」で地道な宣伝活動を行っていたものの、やはり力不足だったか…。
ということで、今年も「タワレコ手帳」2016年版を使って、気になった出来事や記念日を取り上げていきます。

2019年最初の「タワレコ手帳」は、この人のこの記念日です。

1月17日 【誕生日】スザンナ・ホフス(バングルズ:1959)

誕生日おめでとう、スザンナ!今日は、バングルズのベスト盤を取り上げます。

■バングルズ

バングルズは、80年代に数多くのヒット曲を放った米ガールズ・バンドです。

メジャーデビューは1984年、アルバム「気分はモノクローム」(原題:All Over The Place)でしたが、セールス的には不発。
ただ、このアルバムを聴いた御大プリンスがスザンナを気に入り、名曲「マニック・マンデー」をバンドに提供。


気分はモノクローム

「マニック・マンデー」は全米で大ヒットとなり、彼女たちは一躍スターになります。
この曲が収録されたセカンド・アルバム「シルバースクリーンの妖精」 (原題:Different Light)も大ヒットを記録しました。


シルヴァー・スクリーンの妖精

このアルバムは以前、当「夢中図書館 音楽館」でも紹介しました。
※そのときの記事はこちら

バンドは、次のアルバム「エヴリシング」(原題:Everything)も大ヒットを記録しますが、この直後に活動を停止します。
その後、再結成をしますが、ソロ活動の傍らといった感じ。


エヴリシング

スザンナもソロ・アルバムを出したりしながら、音楽活動を続けています。
やっぱり声がイイ!キュートな小悪魔的ボイスが彼女の最大の魅力です。プリンスもこれに惹かれたんだろうな。

■個人的なおススメ

そんな彼女も今日で、なんと60歳。
まだまだ元気でキュートに活動してほしいという願いを込めて、今日はバングルズのベスト盤「エッセンシャル」の中から、個人的なおススメを紹介します。

エッセンシャル

まずは、何と言っても1曲目「マニック・マンデー」
彼女たちの人気に火を付けた1曲。プリンスからの贈り物です。
スザンナの魅力爆発のポップソング。特に中盤の「All my life~」のオクターブ上がった声には胸キュンです。

続いて5曲目、「胸いっぱいの愛」(原題:Eternal Flame)。
3rdアルバム「エヴリシング」収録のバラード。全米No.1の大ヒットとなりました。
艶っぽい雰囲気を出すために、彼女は全裸でレコーディングに臨んだと言っています。
たしかに、そんなゾクゾクするようなムードたっぷりの名バラードです。

そして14曲目、「冬の散歩道」(原題:Hazy Shade of Winter)。
サイモン&ガーファンクルの名曲のカバーです。1987年の映画「レス・ザン・ゼロ」のサウンドトラックに提供されました。
この曲を彼女たちがカバーするってのは意外でしたが、これが絶妙にハマってます。
ガールズ「ロック」バンドの本領発揮。バングルズ版「冬の散歩道」、最高です。

いやぁ、2019年版「タワレコ手帳」が発刊されなかったのは残念ですが、だからと言って、過去の出来事や記念日が変わるわけではありません。
こうして、スザンナの誕生日を祝えて、バングルズの名曲を再び聴けたのは嬉しいこと。

ありがとう、タワレコ手帳!今年もお世話になります。
2020年版は発刊されるといいな…。

ありがとう、バングルズ! 誕生日おめでとう、スザンナ・ホフス!

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事