こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、テデスキ・トラックス・バンドの新譜「サインズ」です。

■テデスキ・トラックス・バンド

テデスキ・トラックス・バンド
フロリダ州ジャクソンビルを拠点として活動するブルース・ロック・バンドです。

バンドの中心となるのは、スーザン・テデスキとデレク・トラックスの夫婦。
もともと二人は、別々にバンド活動をしていましたが、公私ともに意気投合して新しいバンドを結成(2010年)。

2011年にアルバム「レヴェレイター」をリリースして注目を浴びます。
今につながる玄人受けする音楽は、この頃からさく裂。グラミー賞で最優秀ブルース・アルバム賞を獲得しました。


レヴェレイター

なんと言っても彼らの魅力は、泥臭くて懐かしいブルース・サウンド。
「これが2010年代に生まれた音か⁉」と、はじめて聞いたときは驚きました。

この魅力たっぷりのブルース・ロックを支えるのが、デレク・トラックスの超絶ギター
デレクは、オールマン・ブラザーズ・バンドのブッチ・トラックスの甥で、一時はバンドにも加入していたこともあります。
スライド・ギターの名手として名高く、ジョン・メイヤーらと並んで、「現代の三大ギタリスト」と称されています。

そんな彼らが、2013年の2ndアルバム「メイド・アップ・マインド」、2016年の3rdアルバム「レット・ミー・ゲット・バイ」に続いて、4枚目となる新譜をリリースしました。
それが、今日紹介する「サインズ」です。


サインズ

これがまた、芳醇なブルース・ロック・アルバムに仕上がっているんです。
スーザンのボーカルは熟成を増して、デレクのギターは多彩で圧倒的な音を奏でています。
この2人が結婚して、バンドを組んでるって、ある意味奇跡的なことかもしれません。

■個人的なおススメ

それでは、テデスキ・トラックス・バンドの新譜「サインズ」から、個人的なおススメを紹介しましょう。

まずは1曲目、「サインズ、ハイ・タイムズ」
オープニングを飾るナンバー、スーザンのボーカルが力強い。
ブルースにファンクを加えたようなグルーヴもすさまじい。いきなり圧巻です。

続いて7曲目、「ハードケイス」
これまたご機嫌なナンバー。スーザンとデレクのツインボーカルにスライド・ギターが絡みつきます。
ほんと、これが2019年の音なのか…。60sからタイムスリップしてきたんじゃないの?

そして11曲目「ザ・エンディング」
アルバムのラスト・ナンバーはしっとりとした、アコースティック・バラード。
ノリノリの音も出せれば、こうしたギター・バラードもやれる。それがこのバンドの魅力ですね。

いやいや、テデスキ・トラックス・バンドの新譜、聞けば聞くほどハマります。
決して新しい音じゃないんだけど、彼らが聴いて育ったブルース・ロックへの愛がたっぷり。
あくまで自分の好きな音楽を貫くという力強さと潔さを感じます。やられました。

ありがとう、テデスキ・トラックス・バンド! ありがとう、「サインズ」!

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事