• 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
ザ・プレジデンツ・オブ・USAが歌う、猫や桃の歌。超陽気な3人組のデビュー・アルバムが再リリース!

今日の「夢中」は、ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ…という名前のバンドです。

■旬な名前のバンド

何かとお騒がせな大統領が就任した今、とっても旬な名前のバンドになりました。

といっても、別にトランプ旋風に乗っかってるわけではありません。
90年代にアメリカで一世を風靡した、ベテランのスリーピース・バンド。

陽気でコミカルな楽曲が特徴で、このデビュー・アルバムでもその持ち味が存分に発揮されています。

1曲めの「キティ」からパロディ全開。出だしから猫の鳴き声の真似です。
「ミャ〜オ、ミャ〜オ、ミャ〜オ」。
そんでもってサビが「俺の足もとにいる猫、触りたくて触りたくてたまらないんだ」。。。

スマッシュヒットとなった6曲め「ピーチズ」では、まずは「田舎に行ってたくさんの桃が食べたい」を4回繰り返し。
中盤で曲が転調しますが、歌うのはやっぱり「俺に何百万もの桃をくれ!それもタダで」。。。

米国の爆風スランプ?
爆風スランプも「無理だ!ワニの腕立て伏せ!」とか、くだらない詩を軽快なロック・ナンバーに乗せて演ってたもんね。

The_Presidents
(写真:Wikipediaより)

■デビュー10周年記念盤

そんな彼らのデビュー・アルバム発売10周年を記念して再リリースされたのが、自らのバンド名を冠した、このアルバムです。
記念盤には、デモ曲、アウトテイクがボーナストラックとして付いてます。
コミカルな側面が注目される彼らですが、聴くと分かる通り、音は正統派。
ベースが弦2本、ギターが弦3本というキワモノ(?)なんですが、そんなことが気にならないほど、ハードでパンキッシュなサウンドです。

むしろキワモノゆえの、既存のものにとらわれないアイデアが、彼らの曲の妙味なのかもしれません。

某大統領も、キワモノ(失礼!)を貫くなら、明るく、アイデア満載でやってほしいものです。

音楽で気持ちをスッキリしたいときにオススメです。
ありがとう、ザ・プレジデンツ・オブ・ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事