• 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
ノーベル賞受賞前のトリビュート・ライブ。豪華なディラン・フォロワーたちが名曲を歌う。本家を超える(?)バーズ版「ミスター・タンブリン・マン」が会場に響く。

今日の「夢中」は、ボブ・ディラン30周年を記念したトリビュート・ライブです。

■30周年記念コンサート

年末年始に録りだめしていた番組のなかの一つ。ようやく観ることが出来ました。

このライブは、1992年10月16日、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催されたものだそうです。

5bdeb6f167be5df9b32a2363abe0137d_s

もちろん、御大ボブ・デイランはノーベル賞受賞前。この当時、会場の誰一人として、彼がそんな偉大な賞を受賞するなんて、想像だにしていなかったことでしょう。
このトリビュート・ライブに集まった面々が豪華です。
エリック・クラプトン、スティービー・ワンダー、在りし日のジョージ・ハリスン…。
ジョージは、自身の演奏のほか、最後の全員が登場して演った「マイ・バック・ページズ」でも渋い歌声を響かせていました。ディランとは、トラヴェリング・ウィルベリーズで一緒だったし、普段から親交が深いことがうかがい知れますね。
さらに、ニール・ヤング、トム・ペティ、ジョン・メレンキャンプと、米ロックの重鎮たちも集まります。
ジョン・メレンキャンプが演った「ライク・ア・ローリング・ストーン」では、原曲と同じく、アル・クーパーがオルガンを弾いていました。オールド・ファンには嬉しい計らいですね。

■ミスター・タンブリン・マン

個人的に一番良かったのは、元バーズのロジャー・マッギン。演奏した曲は、もちろんディランのカバー曲「ミスター・タンブリン・マン」。

もともとバーズは、デビュー後しばらくはディランのカバーを中心に演奏してました。この曲も、オリジナル以上に売れたので、もはやバーズの曲のように知られています。

でも、本家には悪いのですが、この「ミスター・タンブリン・マン」(他の曲も?)、オリジナルにも増して、魅力的な作品になっているんですよね。
12弦ギターのきらきらした音が、ディランのフォークソングを幻惑的なバーズのロックに昇華させているように思います。
このライブでも、バーズの「ミスター・タンブリン・マン」が会場に響きわたりました。
コーラスをつとめるのはトム・ペティ。二人の年季の入ったディラン・フォロワーが思いを込めて奏でる演奏に、思わず惹き込まれてしまいました。
調べてみたら、このコンサート、DVD化されてました。

今度またDVDで観てみようかな。そんな思いにさせられる素敵なトリビュート・ライブでした。
ありがとう、ボブ・ディラン、ロジャー・マッギン!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事