"デラミトリ的"なロック満載!19年ぶり新譜「フェイタル・ミステイクス」

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、スコットランドのロック・バンド、デラミトリの19年ぶりとなるアルバム「フェイタル・ミステイクス」をとり上げます。

■デラミトリ

スコットランドのロック・バンド、デラミトリ(Del Amitri)
なんと19年ぶりの新譜が届きました。それが通算7枚目となるアルバム「フェイタル・ミステイクス」です。


フェイタル・ミステイクス(CD)

19年ぶりってすごいな…。そもそもまだ演ってたとはうれしい。
彼らの音をはじめて聴いたのは、1995年にスマッシュヒットしたシングル「Roll to Me」でした。

ポップでノリが良くて、艶やかなボーカルが魅力のロック・ナンバー。
音はアメリカンだし、名前も南欧風なので、彼らがスコティッシュと聞いてびっくりしたことを覚えています。

そうなんです。デラミトリは、1980年にグラスゴーで結成されたスコットランドのロック・バンドです。
中心人物は、ジャスティン・カリーとイアン・ハーヴィーの2人。インディー・シーンで注目を集めると、1985年にアルバム「Del Amitri」でメジャーデビューを果たします。

すると、続く1989年の2ndアルバム「Waking Hours」は全英6位にチャートイン。
さらに、「Change Everything」(1992年)が全英2位、「Twisted」(1995年)は全英3位と、一躍スターダムにのし上がりました。


Twisted

ただ、2002年にリリースした6thアルバム「Can You Do Me Good?」でコケると、バンドは解散
その後はバンドをフォローしていませんでした…。

■フェイタル・ミステイクス

ということで、まったく予期せず届いたデラミトリの新譜。
それが今日紹介する、19年ぶりとなる7thアルバム「フェイタル・ミステイクス」(2021年)です。


フェイタル・ミステイクス(レコード盤)

調べてみたら、バンドは2013年に再結成していました。
今回のアルバムは、カリーとハーヴィーの2人が2018年のツアーに向けて曲を書き出したのが始まり。
出来上がった曲が「まさにデラミトリ的である」ことに気づいた2人が、急遽メンバーを招集してアルバムを完成させました。

その言葉通り、このアルバムは「デラミトリ的」なロックが満載です。
なにが「デラミトリ的」かというと、まずはその持ち味であるストレートなロック・ナンバー。
「Roll to Me」にも通じる、骨太のギター・サウンドとポップなメロディを堪能できます。

さらに、「デラミトリ的」な魅力の一つ、カリーの艶やかなボーカルも健在です。
むしろ、そのボーカルは年季を重ねて、さらに「艶」を増した感じ。スローなバラードナンバーがキラー・チューンになっています。

名付けるなら、「ロック艶歌(えんか)」
バーで歌わせたら、惚れてしまう女性が続出するんじゃないかしら。これも「デラミトリ的」なのでしょうか…。

■個人的なおススメ

そんなデラミトリの19年ぶりのアルバム「フェイタル・ミステイクス」から、個人的なおススメです。

まずは2曲め、「All Hail Blind Love」
このギター、このメロディ、この声…。まさに「ロック艶歌(えんか)」。
特にカリーのボーカルは反則級のエロさ…。きっとモテるんだろうな…。
MVはリモートライブの模様を収録しています。おじさん達、元気です!

続いて6曲め、「Close Your Eyes & Think Of England」
長年の思いが宿ったかのような、しっとりとしたバラード・ナンバー。
”Close your eyes and think of England"(目を閉じて、イングランドのことを思い浮かべてごらん)。
故郷を歌い込むのは演歌の定番…。郷愁あふれる「ロック艶歌(えんか)」です。

そして1曲め、「You Can’t Go Back」
バラードだけじゃありません。こちらも「デラミトリ的」な、ポップでノリの良いロック・ナンバーです。
美しいギターの旋律に、若々しいボーカル。とても19年ぶりとは思えない瑞々しい楽曲です。
ちなみにMVは「Roll to Me」のMVのパロディになってます。ユーモア・センスも健在ですね。

いやぁ、デラミトリ、いいなぁ…。
デラミトリ的な魅力は、19年経っても損なわれることはありません。
むしろ、年季を重ねて艶が増しました。艶歌成分も増したデラミトリ、おススメです。

ありがとう、デラミトリ! ありがとう、フェイタル・ミステイクス!

ブログランキングに参加しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事