• 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
ヤァ!ヤァ!ヤァ!「ポップ仙人」がやってくる!待ち遠しい来日公演。ポール・マッカートニー、ヘビロテ中!

■ポール・マッカートニー来日公演 抽選結果

ポール・マッカートニー、来日公演「ワン・オン・ワン ジャパン・ツアー2017」。
先行予約に申し込んでいたのですが、その抽選結果がメールで届きました。
その結果は?

 
ヤァ!ヤァ!ヤァ!当たりました〜。嬉しい(涙)。七福神めぐりしたお陰かしら?神様、ありがとう!

今年イチの楽しみができました!しばらくは何があっても乗り切れそう。4月が待ち遠しくて仕方ありません。え?チケットが高い?何をおっしゃるんですか。生けるポップ仙人です。
奏でる曲全てに、聞く人を惹きつける魔法がかけられてるんです。名曲「イエスタデイ」なんか、睡眠中に夢の中でメロディが浮かんで、急いでコードをつけてつくったというエピソードがあります。
仙人ポールさんは、きっと音楽の神様に選ばれたんでしょう。
その後、ビートルズでも、ウイングスでも、ソロでも、次々に名曲を生み出します。何回もいい夢見たんでしょうね!

■ポール・マッカートニーのライブで聴きたい曲、勝手にベスト10

以前、「ポール・マッカートニーのライブで聴きたい曲、勝手にベスト10」を発表したのですが、今回、あまりに嬉しいので、再度紹介させて下さい!ちなみに「※ビートルズ時代除く」です。

第1位 「No More Lonely Nights」
邦題「ひとりぼっちのロンリー・ナイト」。アルバム「Give My Regards to Broad Street」収録。1984年発表。
ポールらしい甘いメロディラインに必殺のサビ!

第2位 「My Brave Face」
アルバム「Flowers in the Dirt」収録。1989年発表。エルビス・コステロとの共作。
来日公演でノックアウトさせられたご機嫌なロックチューン!

第3位 「Getting Closer」
アルバム「Back to the Egg」収録。1979年発表。ウィングス名義ではラスト・アルバムとなりました。
ウィングス、ラストアルバム収録の隠れた名曲!

第4位 「Junior's Farm」
ウィングス9枚目のシングル。1974年発表。各種ベスト版に収録。
ポールがAppleからリリースした最後のシングル。ノリのいいライブ向きの曲!

第5位 「Hi Hi Hi」
ウィングス3枚目のシングル。「C・Moon」と両A面扱いで、1972年にリリース。各種ベスト版に収録。
ライブの定番!BBCから放送禁止になりました。

第6位 「Say Say Say」
故マイケル・ジャクソンとのデュエット曲。大ヒットしました。アルバム「Pipes of Peace」収録。1983年発表。
2大ポップスター競演による超名曲!ブルーノ・マーズとかと一緒に演ってくれないかなぁ。

第7位 「Press」
アルバム「Press to Play」からシングルカットされました。1986年発表。
新境地を切り開いたロック・ナンバー。ライブ映えすると思います!

第8位 「Mull of Kintyre」
邦題は「夢の旅人」。ウィングス16枚目のシングルで、1977年発表。各種ベスト版に収録。
ビートルズの「She Loves You」の記録を超したモンスター・ヒット曲。

第9位 「Venus and Mars / Rock Show」
1975年発表のアルバム「Venus and Mars」に収録されている2曲を短縮してつなぎ合わせたシングル。ウィングス名義。
アビイー・ロードB面来の、ポールお得意のメドレー!

第10位 「Every Night」
1970年発表のポール初のソロアルバム「Mccartney」収録。シングルカットはされていません。
ポール一人で全楽器を演奏。手作り感あふれるポップサウンド。
今更ながらに、しびれる曲ぞろい。ぜひ生で聴きたい!

そんな願いをこめて、いま私は、この10曲に数曲を加えたプレイリストをこしらえてヘビロテしてます。

ほんと、この記事、ポールさん、見てくれないかなぁ。1曲でも演ってくれたら鳥肌立つんだけどな。
来日公演楽しみにしてます。元気に来てね、ポールさん!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事