• 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 洋楽
    クラプトンとウィンウッドの伝説バンド”ブラインド・フェイス”奇跡の1枚
    2018年2月8日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
米サザン・ロックのダンブルドア校長(しかも2人)荒々しいギターは衰え知らず!ZZトップのベストLIVE!

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の「夢中」は、米サザン・ロックの大御所ZZトップのライブ盤「Live Greatest Hits From Around the World」です。


ZZトップ LIVE-GREATEST HITS

■ロック界のダンブルドア

ZZトップ。その風貌は、ハリーポッターのダンブルドア校長。しかも二人!
二人のダンブルドア校長が、ハードなギターをかき鳴らします。

え?想像つかないって?
そんな彼らの演奏姿がこちら。

ZZ_Top,_26Jun2010
(Wikipediaより)

そんなダンブルドアな(?)姿が目に浮かぶライブ盤がリリースされました。
その中身はというと、いろんなライブ音源をつなぎ合わせたもの。
ヒット曲満載で、いわばライブで聴かせるベストヒット集!タイトルもそうだもんね。

これがイイのですよ。しばらく「夢中」になってしまいましたのでおススメします。

■ZZトップの魅力

ZZトップって、その風貌(前述)ですから、アイドル的な人気は期待できませんが(苦笑)、その腕前は一級品。
しかも、好きな人にはたまらないアメリカ南部の音。テキサス出身なんですね。桑田圭祐さんも好きなサザン・ロックを聞かせてくれます。
特にギターの音が荒々しくて気持ちいい。バタ臭さがあって、中毒性があります。

実は、メンバーのビリーは、ジミ・ヘンドリックスの前座を務めたこともある強者。そのとき、ジミから「アメリカで最高の若手ギタリスト」と評されたというから、筋金入りです。


ZZトップ La Futura

■80年代の代表作

私が彼らを知るのは、1980年代のアルバム「イリミネーター」や「アフターバーナー」の頃。
この頃は持ち前のバタ臭いギター・サウンドにシンセサイザーなどの電子音が加わって、一般受けするロックを演っていました。
そのおかげで、チャート・アクションもよく、「ベスト・ヒットUSA」なんかでよく曲が取り上げられていたことを覚えています。


ZZトップ イリミネーター


ZZトップ アフターバーナー

そんな経緯もあって、このライブアルバムでも、つい聞き入ってしまうのは、その当時の曲。
特に、8曲目の「ラフ・ボーイ」は涙ものです。
ジェフ・ベックがゲスト・ギタリストとして参加しているのですが、このギター・ソロも泣かせます。
「サザン・ロックはちょっと‥」という人も、この曲だけでも聞いてほしいと思うくらいの格好良さに仕上がっています。

■衰え知らず

ところで彼ら何歳なんだろう?80年代から同じ風貌なんだけど…。
ちょっと調べてみたら、このバンド、結成は1969年というから、なんともう50年近く(!)演っていることになります。
しかもその間、一度もメンバーチェンジなし!メンバー3人とも67歳になります。
このライブ盤を聴く限り、衰え知らずといった感じですね。

まさにロック界のダンブルドア校長。末永くサザン・ロックの魔法を奏でていただきたいと思います。
これからも元気でロックしてね、ZZトップ!

 

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
「➕」「✖️」の次は「➗」。ヒップホップ好きのシンガーソングライター「エド・シーラン」を聴く。隠し子疑惑も?
洋楽
今日の「夢中」は、エド・シーランのアルバム「÷(ディバイド)」。 ■エド・シーラン、サードアルバム「÷」 エド・シーラン。本名エドワード・ク...