こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、ジェイソン・ムラーズの新アルバム「ノウ。」(原題:Know.)を取り上げます。

■ジェイソン・ムラーズ

ジェイソン・ムラーズ。米ヴァージニア州出身のシンガー・ソングライターです。
2008年に発表した「I'm Yours」が全世界で大ヒットして、一躍注目を浴びました。

この曲に代表されように、その特徴は、誰もが口ずさみたくなるようなやさしいメロディ。
シンプルだけど、音楽性は多種多様。ソウルやR&B、レゲエ。これらを取り込んだフォーク・ポップを奏でます。

We Sing. We Dance. We Steal Things

天性のメロディ・メイカーなんでしょうね。つくる曲つくる曲、どれもが心地よく耳に響きます。
どんどんアルバムを出してほしいところですが、前作から4年。ようやくニューアルバムが届けられました。

ノウ。

なんでも、自身が経営するアボガド農園が忙しいのだとか。
農園のほうも相当に力を入れているようで、彼はインタビューで「音楽半分、農園半分でもいい」なんて言っています。

そんなこと言わず、音楽に集中しようよ…というのは音楽ファンの言い分。
農園をやっているから、ピースフルな曲がつくられる面もあるんでしょうね。

今回の新作「ノウ。」は、そんなピースフルな曲が満載のアルバムとなりました。
ポジティブで、ヒューマンな部分に訴える曲をつくりたかったというジェイソン。
雰囲気は「I'm Yours」に近い感じ。この曲の大ヒットから10年、再び彼の魅力と才能が弾けたアルバムが届けられました。

■個人的なおススメ

それでは、新譜「ノウ。」から、個人的なおススメを紹介しましょう。

まずは2曲目「Have It All」。
大ヒット曲「I'm Yours」を彷彿させるアコースティック・サウンド。
ラップ調の歌も彼の魅力の一つ。彼の名曲コレクションがまた増えました。

続いて3曲目「More Than Friends」。
メーガン・トレーナーとのデュエットで、彼女の歌声もなんとも心地よい。
しかも分かりやすい歌詞とメロディ。ライブでみんな歌いたくなる、やさしいポップ・ソングです。

I wanna be more than friends
(友達以上になりたいんだ)※ふゆき訳

そして9曲目「Might As Well Dance」。
カントリーテイストたっぷり、ジェイソンの新しい魅力に出会える曲。
元々は彼の妻へのラブソングだったそうですが、バンドの味付けでカントリーファンクな名曲に仕上がりました。

いやぁ、聴けば聴くほど、ピースフルな気持ちになれます。
ジェイソン・ムラーズ「ノウ。」、おススメです。

ありがとう、ジェイソン・ムラーズ! 農園も音楽もがんばって!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事