• 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    永遠のキラメキ☆POPS”ハンソン” 結成25年ベストアルバム”Middle Of Everywhere -The Greatest Hits”
    2017年10月19日
  • 洋楽
    1/11は伝説が始まった日 ビートルズ”プリーズ・プリーズ・ミー”
    2018年1月11日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”

こんにちは。夢中図書館へようこそ!
館長のふゆきです。

今日の夢中は、カナダ出身のミュージシャン、ブライアン・アダムスの最新ベストアルバム「アルティメイト」です。

■ブライアン・アダムス

ブライアン・アダムス。
カナダ、オンタリオ州出身のシンガー・ソング・ライターです。


(ブライアン・アダムス/Wikipediaより)

「懐かしい!」と思う人もいるのではないでしょうか。
1984年にアルバム「レックレス」で大ブレイク。
シングル・カットされた「ヘヴン」も大ヒットし、全米No.1となりました。


レックレス

実は、この「レックレス」は4作目のアルバムです。
デビューは1980年リリースのアルバム「ギヴ・ミー・ユア・ラヴ」。
1983年に発表した3rdアルバム「カッツ・ライク・ア・ナイフ」がスマッシュヒットとなり、注目を浴びました。


カッツ・ライクイ・ア・ナイフ

「レックレス」の大ヒット後も、アルバムのリリースを継続します。
2008年には11作目のアルバム「11」をリリース。カバーアルバムを挟んで、2015年には13作目のアルバム「ゲット・アップ」をリリースしたところでした。


ゲット・アップ

そんな彼のキャリアを総括するベストアルバムがリリースされました(2017年11月)。その名も「アルティメイト」(原題:Ultimate)
アルバム・ジャケットは、WOWOWメガネならぬULTIMATEメガネをかけるブライアン。
御年58歳。2曲の新曲を含む21曲、懐かしさ満載の名盤が生まれました。


アルティメイト~グレイテスト・ヒッツ

■個人的なおススメ

それでは、最新ベストアルバム「アルティメイト」から、恒例の個人的なおススメを紹介します。

まずは5曲め「ヘヴン」(原題:Heaven)。
大ヒットアルバム「レックレス」から1985年にシングルカットされると、見る間にチャートを上昇し、全米No.1を獲得。ブライアンの代表曲となりました。
彼のハスキー・ボイスの魅力がたっぷり味わえるロック・バラードです。


ヘヴン(MV)

続いて12曲め「思い出のサマー」(原題:Summere of '69)
「ヘヴン」に続いてシングルカットされたロック・ナンバー。
軽快なロックのメロディとハスキー声のシャウト。永遠の青春ナンバーです。


思い出のサマー(MV)

そして9曲め「クラウド・ナンバー・ナイン」(原題:Cloud Number 9)。
もともとは1998年リリースのアルバム「On a Day Like Today」に収録の、カントリー色の濃いナンバー。
1999年にシングルカットする際に、シンセサイザーを加えて、よりポップに生まれ変わりました。
今回のアルバムにはシングル盤が入っています。どっちもイイので好きな方は聴き比べしてはいかがでしょうか。


クラウド・ナンバー・ナイン(シングル盤)(MV)

いや~、懐かしい…。久しぶりにどっぷりと聴きました。
ブライアンのハスキー・ボイスは永遠に不滅ですね。「思い出のサマー」なんていま聴いても胸がアツくなります。

新曲2曲の完成度も高いので、まだまだこの青春ボイスを聴けそうです。
懐かしさとともに、14枚目のアルバムに期待が高まるベスト盤でした。

ありがとう、ブライアン・アダムス!ありがとう、Ultimate!

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事