• 洋楽
    ロックが俺に生き方と愛し方を教えてくれた! 「ロックの殿堂」が日本初上陸!!
    2017年10月12日
  • 洋楽
    永遠のベルベット・ボイスを管弦楽と共に。ロイ・オービソン「ラヴ・ソー・ビューティフル」
    2018年1月4日
  • 洋楽
    Welcome Back to パワーポップ!泣き虫ロック復活!
    ウィーザー「パシフィック・デイドリーム」
    2017年11月23日
  • 邦楽
    GLIM SPANKY版サージェント・ペパーズ!早すぎる傑作アルバム "BIZARRE CARNIVAL"を聴く
    2017年10月26日
  • 洋楽
    ニルヴァーナ「MTVアンプラグド・イン・ニューヨーク」轟音バンドの美しき生演奏
    2017年12月14日
  • 洋楽
    初期のシェリルが帰ってきた!ちょい悪キュートな歌声も健在 
    シェリル・クロウ「ビー・マイセルフ」
    2017年11月2日
  • 邦楽
    日本史を愛するアフロヘアーが奏でる歴史縛りファンク「レキシ」
    2018年2月15日
  • 洋楽
    武道館公演の放送間近!デュラン・デュラン来日記念「ザ・シングルズ81-85」
    2017年12月7日
  • 洋楽
    メンバー失踪を経て"4 REAL”なロックバンドへ!マニック・ストリート・プリーチャーズ
    2018年2月1日
  • 洋楽
    永遠の青春ハスキー・ボイス!ブライアン・アダムス”アルティメイト”
    2018年1月25日
  • 邦楽
    バンド結成30周年スピッツ「CYCLE HIT」!色あせない青春のメロディをいつまでも…
    2017年12月21日
  • 洋楽
    90sに突如現れたサイケ・ロックの傑作、クーラ・シェイカー「K」
    2018年1月18日
  • 洋楽
    祝!リリース35周年 マイケル・ジャクソンの大ヒットアルバム「Thriller」(スリラー)
    2017年11月30日
  • 邦楽
    おかえり、ホフディラン!ポップ・デュオ約5年ぶりの新作「帰ってきたホフディラン」
    2017年11月16日
  • 洋楽
    僕らをノルウェイの森に誘う、深く美しいメロディ ビートルズ「ラバー・ソウル」
    2017年11月9日
  • 洋楽
    ”You're Beautiful”で一躍人気 ジェイムス・ブラント”Back To Bedlam”
    2018年2月22日
  • 洋楽
    Welcome to"ホテル・カリフォルニア" イーグルスの名盤再び!40周年記念盤リリース
    2017年12月28日
  • 洋楽
    追悼トム・ペティ。ウィルベリーズがまた一人逝く。その歌声はいつまでも空を飛びつづける…
    2017年10月5日
ビートルズから現在まで夢の時間旅行。アンコールではあの歌からあの曲まで…!?ポール・マッカートニー、4/29東京ドーム公演をレポートします!

今日の夢中は、ポール・マッカートニーの4/29東京ドーム公演です。
行ってきましたー!!

■「オッス!」

オッス、ポール!ありがとう。文句なしの最高のライブでした。
いまなお続く放心状態。しばらくは、私の頭のなかで、このライブの記憶が繰り返しリピートされるでしょう。

ライブは、ビートルズ時代の「A Hard Day's Night」で幕開け。
まさに、これから訪れるハードで熱いライブを予言するかのようです。

60年代のあとは、2010年代のロック・ナンバー「Save Us」!
一気に最新のアルバム「New」に時は飛びました。その飛行距離は、なんと50年!

その後も「I've Got A Feeling」から「My Valentine」、
「Lady Madonna」から「FourFive Seconds」など、60年代から今このときまで、時間のたびが続きます。

今回うれしいのは、「A Hard Day's Night」や「I've Got A Feeling」など、ジョン色も強いナンバーを演ってくれていること。
ジョージの曲は演ってくれているんですよね。今回も「Something」を演奏。出だしのバンジョーはアレですが(苦笑)、後半の泣きのギターソロはグッと来ました。
いつかジョンの曲を演ってほしいな。ストロベリー・フィールズとかイマジンとか…。

今回の来日公演は、日替わりで初登場曲が出ているのも嬉しいですが、4/29は「I’ve Just Seen A Face」が、今回の来日ツアー初登場。
ビートルズのアルバム「HELP!」に収録のカントリー・フォーク調のナンバーで、今回もポールはアコースティック・ギターを弾いて歌いました。
邦題は「夢の人」。まさに夢のようなひと時です。

「Yesterday」もそうですが、メロディがいいから、アコースティック・ギターがよく合います。
「よくどうやって曲を作るのかって聞かれるけど、こんな風にさ」と、ギターコードを弾き始めて歌ったのは「You Won't See Me」。しびれました。

■「モーソロソロ」

この日の山場は、なんといってもアンコール。
「Yesterday」、「Sgt.Peppers~」に続くのは、「ポール・マッカートニーのライブで聴きたい曲、勝手にベスト10」でも願いをこめた、Wings時代のヒット・ナンバー「Hi Hi Hi」。ありがとう、ポール!

ただ、圧巻はその後です。なんと「I Saw Her Standing There」!
ビートルズのデビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」の冒頭を飾るゴキゲンなロックナンバーです。

♪She was just seventeen, you know what I mean~♪
(あの娘はまだ17歳、僕が何を言いたいか分かるだろう)※ふゆき訳
♪She looked at me, and I, I could see that before too long I'd fall in love with her~♪
(彼女が僕のことを見たとき、僕は思ったんだ、もうすぐ僕は彼女と恋に落ちるだろうって)※ふゆき訳

そうそう、この歌をリリースしたとき、ポールはまだ20歳。
時を越えて74歳になったポールが、青春を謳歌するかのように、この歌を歌いあげる姿に感激です。

そして、その後、「モーソロソロ、モーソロソロ」と日本語でラストを示唆すると(会場笑い)、ライブを締めるフィナーレは、やはりこれ!
アルバム「アビィ・ロード」B面のラストを飾るメドレー、「Golden Slumbers」から「Carry That Weight」、そして「The End」。

完全に魂を持ってかれました。
ビートルズのデビューアルバムの1曲めから、実質のラストアルバムを締める曲につなぐという、
ビートルズ・ファンにとっては、これ以上ないのではないかという、夢のような大団円でした。

♪And in the end, the love you take is equal to the love you make♪
(結局のところ、君が受け取る愛は、君が生み出す愛と、同じなんだよ)※ふゆき訳

これからもあなたを愛し続けます、ポール・マッカートニー!!

■4/29東京ドーム公演セットリスト

4/29東京ドーム公演のセットリストは次のとおり。夢の時間旅行、全39曲でした。

1. A Hard Day’s Night
2. Save Us
3. Can’t Buy Me Love
4. Jet
5. Temporary Secretary
6. Let Me Roll It
7. I’ve Got a Feeling
8. My Valentine
9. 1985
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen A Face
12. In Spite of All the Danger
13. You Won’t See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. New
19. Queenie Eye
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back In The U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live And Let Die
32. Hey Jude
<アンコール>
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. I Saw Her Standing There
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

ブログランキングに参加しています!
ブログサークル・コメント一覧

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事