「➕」「✖️」の次は「➗」。ヒップホップ好きのシンガーソングライター「エド・シーラン」を聴く。隠し子疑惑も?

今日の「夢中」は、エド・シーランのアルバム「÷(ディバイド)」。

■エド・シーラン、サードアルバム「÷」

エド・シーラン。本名エドワード・クリストファー・シーラン。1991年2月生まれ。
イギリスのシンガーソングライターです。

2011年に「+」でデビュー。本国イギリスで大ヒットを記録すると、その人気はアメリカに飛び火。
2014に発表された前作「×」は、イギリスはもちろん、アメリカでもナンバーワンを獲得。
シングル「Sing」は、ヒットメーカー・ファレル・ウィリアムスのプロデュースで大ヒットしました。

エド・シーラン、約3年ぶりとなるサードアルバムがこの「÷(ディバイド)」です。
すでに英米ともに快調すぎる滑り出しを見せている本作。
大ヒット中のシングル「Shape of You」は、「Sing」の流れを汲んだファンキーな名曲。
アコースティック・ギターの印象が強いエドですが、ヒップホップが大好きみたいですね。

■「Everything Has Changed」

ちなみに、私がエド・シーランを好きになったのは、テイラー・スウィフトとのデュエット曲がきっかけ。
「Everything Has Changed」。はじめてこの曲を聴いたときは、その美しさにしびれました。

テイラー・スウィフトのアルバム「Red」に収録、シングルカットもされた名曲ですね。
同曲は、テイラーとエドの共作。ギターの音色が美しい、フォーク調のポップ・バラードです。
ヒップホップもいいけど、個人的にはこちらのアコースティック調のほうが好きかな。

■そっくりさん?

その勢いがとどまるところを知らないエド・シーランですが、
最近、彼そっくりの赤ん坊がネットで話題となっています。
英「The Sun」などが伝えたところによると、彼女(!)の名前はアイラちゃん(2歳)。

おばのステイシーさんが自身のFacebookに投稿したところ、瞬く間に拡散。
ネットで「エドのドッペンベルガー」と話題になっているとそう。
エド本人も大ウケ。「僕の子供じゃないよ!本当に僕の子供じゃないからね」とコメントしているみたい。
ご関心のある方はググってみてください。

これからも素敵な名曲を届けてください。次のアルバム・タイトルは「-」なのかしら?
ありがとう、エド・シーラン!

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


ロック・ポップスランキング

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です